シータヒーリング 有村 久美子

不安は妄想

41 views
約 1 分
不安は妄想

こんにちは。

有村久美子です。

今日は月曜日。新しい一週間が始まりますね。

日曜が休みで、今日からまた仕事と思うと嫌だな、気が重い、という方も多いかもしれません。

あなたはどんな月曜の朝を迎えていますか?

 

不安、ちゃんと感じていますか?

嫌だな~気が重い、面倒だな

という状態は、心理学的には、「不安」を感じている状態と言えます。

人は誰でも不安になることがあります。

どんなに幸せで成功している人でも、こどもでも高齢者でも。ただ不安の頻度や程度、感じ方に差があるだけです。

また、感情とつながることになれていない人は、自分が不安になっていることに気付きにくく、

それって不安に思っているってことだよ、と教えてあげようとすると、不安じゃないし!怒!と逆切れされることもあります。

 

不安はなくならない

不安を感じることが多くて何とかしたい!と思っている人には残念なお知らせかも知れませんが、不安は完全にはなくなりません。

私は一時期、心理学やヒーリングをしっかり学べば不安はなくなるはず、と思っていました。

しかし学びを深める中で、

  • 不安は人にとって必要な感情なのでなくなることはない。
  • 不安は全くないと思っている時は、感情麻痺になっている可能性がある。
  • 不安に気付けば対処できる。対処方法は学べば身につく。

と理解するようになりました。

 

不安は未来への怖れ

不安とは「怖れ」とも表現されます。

そして、不安・怖れは、未来への不安でもあります。

今後失うかもしれない、うまく行かないかもしれない、など、未来がうまく行かない理由はいくらでも真実味を帯びて溢れてきます。

 

この時脳内では何が起こっているかというと、「過去のうまく行かなかった残念な思い出フォルダー」にアクセスしているのです。

私たちの脳をパソコンに例えると、自分でマウスを握って無意識にデスクトップにいくつもある記憶のフォルダーをクリックして開いて、あたかもまた現実にそれが起こるのでは、という錯覚を起こしているのです。これは、妄想のメカニズムでもあります。

そのようにして、過去のうまく行かなかった残念な思い出フォルダーにアクセスしたら、たちまち不安の感情が引き起こされます。

つまり、無意識の脳内の選択→妄想発生→不安発動

という具合です。

これは不安だけでなく、プラスの感情も同じです。

パブロフの犬をご存知でしょうか。ブザーが鳴ったらエサがもらえるという習慣から、その記憶を植え付けられた犬は、ブザーが鳴るだけでよだれを流すようになった、という研究です。

なので、去年サプライズバースデーパーティーを開いてもらったら、今年もなんだか期待してしまう、などの喜びの記憶フォルダーもあります。

私たちはトリガーとなる出来事によって無意識にフォルダーを選んでいるのですね。

いかがですか。私たちの脳内は、巧妙に現実を過去の記憶で覆って私たちに見せようとしているようですね。

 

不安との付き合い方

私のブログで何度もお伝えしていますが、不安や不安フォルダーが悪者ではないのです。

不安フォルダーを減らすことができるのであれば確かに根本解決になります。

それができるのがシータヒーリングやライフコーチングなどですが、

生きていればまた不安の種がやってきます。

なので大切なことは、自分の脳内での無意識の選択に、いかに気付けるかなのだと思います。

 

 

あなたの脳内には、不安フォルダーはどれくらいの容量がありそうですか?

そして、喜びフォルダーはどうでしょうか?

まずは一つ一つ、気付いていくことから始めてみませんか。

 

※※
あなたからの感想を頂けると嬉しいです!
コメント欄、お知り合いの方はSNSや直接でも。
お悩みの相談や質問なども受け付けています。
お待ちしています☆彡☆彡


単発セッションのご案内
シータヒーリング・ライフコーチング単発セッション

  • 30分3000円
  • 60分5000円
  • 場所:唐津市内 相談可

「お問い合わせフォーム」からどうぞ。

 

 

 

コメントする

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks
Pinterest
Pocket
Evernote
Feedly