シータヒーリング 有村 久美子

不自由の中に喜びがある

115 views
約 1 分
不自由の中に喜びがある

こんにちは。有村久美子です。

 

最近の唐津は11月にしては暖かく、
過ごしやすい朝が続いています。

冷え性で寒さが苦手な私にとっては
とても嬉しいことです。

この過ごしやすい日が一日でも長く
続くと良いなと思っています。

 

あなたはどんな秋の一日を過ごしていますか?

 

===========

 

ホームページ「セッションメニュー」のページを更新しました。
https://kuuuumi.com/menu/

よりわかりやすくまとめてみましたので

どうぞ参考にされてくださいね。

 

===========

 

不自由の中に喜びがある

 

突然ですが、
あなたはボーリングは好きですか?

 

私は
実は
あまり好きではないです。

 

なぜかというと、

・なんでボールを転がすの?
・なんでガーターがあるの?
・そもそもボールがまっすぐ転がらない(つまりへた)からやる意味が無い。

 

なんて思ってしまい
全く楽しめないのです。

 

この気持ち、分かる人いるかなあ。

 

 

。。。。

 

 

そんな私が
今年3月から受講している講座「センターピース」

の仲間6人で、

ボーリングに行く
という流れになりました。

 

その時、
私は瞬時にボーリングに対する拒否反応がでました。

しかし他のみんなは乗り気なようです。

 

ガーターばかりだけどボーリングは好きだよ。
と楽しげに言う友人もいます。

 

それでも

、、ボーリングかあ、、

と乗り気で無い私に

講師であるひろきさんが
次のようにアドバイスをしてくれました。

 

。。。。

 

今のくみちゃんは
ボーリングに意味を見いだそうとして
苦しくなってるのかもね。

意味を求めずルールを認めて

その中で楽しむことができたらいいね。

 

。。。。

 

心に深く深く響きました。

このアドバイスを聞きながら気付いたこと。
それは

私がボーリングを楽しめない

根本の原因は

「意味がないものは価値がない」

という根深いメンタルブロック(否定的な思い込み)
にある、ということでした。

 

。。。。

 

ルールや摂理、法則などに対して
なんで?どうして?

と理由を求めてばかりでは
(疑問を持つことを否定する訳ではありませんが)

楽しめないですよね。

 

ルールがあるから
成功したときの喜びがある。

 

自然の摂理があるから
晴れや雨の日がある。

 

雨の日があるから
晴れの日がありがたく思える。

 

なぜ、どうしてという
疑問にフォーカスして難しい顔をするよりも

この二極の世界を楽しむために生きているのだという
リラックスした気持ちで物事を捉えること。

 

きっとその方が
幸せを感じられますよね。

 

 

。。。。

 

この出来事があってから

ルールや決まり

というものに寛容になれた気がします。

 

そして、人や物事に厳しく

アレはダメ、これはヨシ、

なんてジャッジをしていた自分にも気付き、

許せる心のゆとりができたような気がします。

 

・ルールのお陰で喜びが倍になる。

 

・一見 不自由な出来事も

意味を問わずに取り組むことで 

幸せをより感じることができる。

 

 

あなたにも何か思い当たる出来事がありますか?

 

 

最後までお読み頂きありがとうございました。

少しでもお役に立てたら幸いです。

コメントする

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks
Pinterest
Pocket
Evernote
Feedly