シータヒーリング 有村 久美子

困っている人が目の前に表れたら

23 views
約 1 分
困っている人が目の前に表れたら

こんにちは。有村久美子です。

唐津では秋晴れが続いています。

カラッとした陽気で日中は暖かく、澄んだ空気がはおいしく、散歩には最適の気候です。

あなたの住む地域ではどんな秋の1日を過ごしていますか?

 

困っている人が目の前に表れたら

今日のテーマは、困っている人が目の前に表れた時の心理学的アプローチについてです。

最近、「~~さんが困っているようだから何とかしてあげたい。有村さんのヒーリングで何とかしてあげられないですか?」

と友人から相談を受けました。

このような相談は実はよくあります。

あの人にもこのヒーリングを受けてもらいたい、わたしよりもあの人に必要、

という表現に変わることもあります。

ヒーリングに関わらず日常生活でも、

  • 病気やケガをしている人を見ると無性に何かをしてあげたくなる
  • 恋人やこども、配偶者などに必要以上に干渉してしまう

など。誰かを心配する気持ちや困っている人に気付く優しさは素晴らしいことなので、それを否定しているのではありません。

これらは、表現は変わってもその根底にあるのは

「あの人がこのまま変化しなければ、私が心配」というエネルギーであることが多いようです。

 

意識の転換。「私は○○」に書き換える

ここで大事なポイントは、

「あなたが心配」ではなく、「私が心配」という意識の書き換えです。

あの人が心配に見えるのは、私が心配しているからなんですね。

ちょっとわかりにくいですね。以下、わかりやすく解説してみますね。

 

ポイントは”捉え方”と”〇で見る”こと

私が学んだ心理学講座・センターピースでは、主体的、肯定的であることを大切にしています。

主体的とは、自分で捉え方を選ぶことで、

肯定的とは、助けてあげたい、変えてあげたいその状況を×で見るのではなく〇で見ることです。

例えば、あの人が困っている、というのは事実ではなく捉え方です。一件困っているように見える人でも、人によっては考え込んでいる人、冷静な人、おとなしい人など、見え方は違いますよね。

捉え方は人によって違います。人は反射的に慣れ親しんだ捉え方をしてしまいますが、意識していけば捉え方は選びなおせます。

また、困っているというマイナスの捉え方をするよりも、成長している過程という肯定的な捉え方をした方が、はるかにお互いのためになる関わり方ができるのではないでしょうか。

もし、あなたにも困っているように見える人、助けを求めているように見える人

などが目の前に表れたら、まず深呼吸して

  • 主体的・捉え方を変えてみる
  • 肯定的・×でなく〇を見る

の脳内ワークをしてみてくださいね。

じわじわと自分の内側が変わってくる感覚があると思いますよ。

もし、むづかしいな、とかコツがつかめないという人はぜひ私に会いに来てください。一緒に取り組んでいきましょう。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。今日もあなたにとって良い一日になりますように。

※※

あなたからの感想を頂けると嬉しいです!

コメント欄、お知り合いの方はSNSや直接でも。

お悩みの相談や質問なども受け付けています。

お待ちしています☆彡☆彡

 

 

 

コメントする

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks
Pinterest
Pocket
Evernote
Feedly