シータヒーリング 有村 久美子

“忙しい”が口癖になるとき

187 views
約 1 分
“忙しい”が口癖になるとき

こんにちは。有村久美子です。

 

12月になっても暖かい日が続いていた唐津ですが、

昨日からだんだんと気温が下がってきました。

 

一日中曇り空で、なんだかパッとしない日が続いています。

 

以前なら、このまま寒さが厳しくなったら嫌だなあという気持ちばかりでしたが、

今年の冬は寒さを楽しむぞ、という気持ちが強くなりました。

温泉、焼き芋、トタンの湯たんぽ、コタツ、、、

 

寒さの中でも、からだが緩む時間をいっぱいとろう!と思って

今から楽しみです。

 

 

あなたは、この冬楽しみにしていることはありますか?

それはだれと、どこで、どんな風に叶えたいですか?

 

 

 

忙しいが口癖になるとき

 

 

最近、シータヒーリングを通して出会う方に多い話題に、

 

  • 忙しい
  • 仕事が大変
  • 休めない

 

などが挙がることが増えました。

 

私も以前は

仕事に家事に育児に

忙しさ、そして追い詰めすぎて息苦しさを感じることもありました。

 

 

でも、今では

そう感じることが本当に少なくなったなあと思います。

 

 

 

何をきっかけにそう変わったか?

それは

「今の忙しさのおかげで、しなくていい事があるとしたら何か?」

 

 

と自分に問いかけたのが始まりだったように思います。

 

 

 

もし、あなたや周りの人に

 

  • 疲れがとれなくて毎朝つらい
  • 休みを取り難い
  • 楽しさより義務を優先して、自分の時間がない

 

などが起こっているとしたら

ちょっと立ち止まってみませんか?

 

 

 

。。。。

 

 

「今の忙しさのおかげで、しなくていい事があるとしたら何か?」

 

 

あなたは

“しなくていいこと”はいくつ思い当たりましたか?

そしてそれぞれ

 

あなたの人生で、大切さはどれくらいですか?

 

もし、大切度が高ければ、本来優先するものだったのかもしれません。

 

 

 

でも、たぶん

それを優先できなかったということは

 

直視できない理由があったんですよね。

 

 

 

そして

 

直視するとどうなってしまうのか?

 

ここまで自分で掘り下げていくと、

いろいろな気付きが生まれるのではないでしょうか。

 

 

例えば、

私は仕事に就いている間、子どもの相手をすることから目を背けてきた気がします。

 

子どもの成績、お友達と~~で嫌だった、などのいわゆる”解決すべき問題”

があるのに、忙しければ後回しにしてもいい、

 

なんて、無意識に思い込んでいました。

 

(気付いた瞬間、なんて自分勝手な母親だ!と自分を責めそうになりましたが、落ち着いて落ち着いて笑)

 

そんな思い込みがあったためか、

 

仕事はやめられない、という思い込みにつながり

私がいなければ職場が困る、という状況を作り出し、

 

子どものマイナス面は触れずにプラス面だけを見るように

無理にこじつけていたように思います。

 

 

 

そう、忙しさは私のエゴを安心させる大事な要素だったんですね。

 

 

あなたはどうですか?

 

 

今まで触れないようにしてきた

あなたの心の奥深いところを見ていく作業になります。

 

直視することは怖く感じるかもしれません。

自分が嫌になってしまうかもしれません。

 

でも、それを乗り越えた後、

大きな気付きに、心地良い開放感があるのです。

 

 

 

いかがですか?

 

なにか心に留まるフレーズがあったでしょうか?

あったとしたら、どんな言葉に、どんな感じがしましたか?

 

 

 

 

最後までお読み頂きありがとうございました。

 

何かのお役に立てれば幸いです。

コメントする

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks
Pinterest
Pocket
Evernote
Feedly